食生活の変化と共に、近年、食物アレルギーを持った患者さんがどんどん増えています。食物アレルギーを起こす原因となる食物や症状は人それぞれ違うので、自分だけで判断するのはとても危険なことなのです。正確に診断をするためにも、ちゃんと病院へ行って検査してもらう必要があります。まずは、一般的な検査から行うのですが、一番最初に行う検査は血液検査です。血液検査を行うことによって、IgE抗体という物を検査し、自身がアレルギーを起こしやすい体質であるかどうかを検査します。IgE抗体の数値が高ければ高いほど、アレルギー体質であることがわかります。IgE抗体を調べるだけでなく、どのアレルゲンに対して反応があるかも、血液検査で知ることが出来るのです。そこで強く反応を示したアレルゲンを皮膚に直接つけて、反応を見る皮膚テストを行います。皮膚が赤くなった場合、そのアレルゲンを摂取した時に症状を誘発する可能性が高いと判断することが出来ます。皮膚テストの後は、食物除去試験を行います。今までの検査で反応が高かったアレルゲンを1〜2週間摂取せず、摂取しないことでアレルギー症状が軽くなるかどうかを判断します。そして、最後に、アレルゲンと思われる食物を摂取し、最終的な判断を下すわけです。アレルゲンを体内に入れるということは、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるので、医師と相談をして、正確に検査していく必要があります。このように、アレルゲンを特定するには、時間と正確さが必要です。自己判断するのではなく、医師の指導の元にアレルゲンを特定する必要があるでしょうー